商品本部 Frozen and salted,dried seafoods

商品本部は塩冷1部及び塩冷2部で構成されており、日本国内はもとより諸外国で漁獲された安心・安全な食材を、冷凍、冷蔵、一部常温の各温度帯で買付・集荷して販売するとともに、加工メーカーへの原料供給や製品づくりまで行う部署で、供給サイドと流通サイドを橋渡しする役割を担います。
近年は、海外の日本食ブームもあり、輸出を含めて海外との取引も増加しています。

塩冷1部

塩冷1部は魚貝課、海老課、加工品課の3つの課で構成されており、世界の海から届く新鮮な魚介類を仕入・販売しています。
鮮度保持のために現地で漁獲、急速冷凍された商品のほか、国内の様々な水産メーカーと協力して、消費者の皆様に馴染み深い開き干や漬け魚などの商品も手がけています。
冷凍品主体の取扱いですが、鮮度・品質は勿論のこと、商品の特性を最大限に引きだし、美味しく頂けるよう常に前向きに取り組んでいます。

塩冷2部

塩冷2部は、たこいか課、練製品課、海外室の3つの課・室で構成されています。たこいか課では、西アフリカや国産のたこの原料及び蒸したこ製品、するめいかなどのいか全般を取り扱っています。
練製品課では、蒲鉾、竹輪、揚げ物の練り製品をはじめ、玉子焼き、納豆、肉まん等の日配品を全国から仕入れ、市場内の仲卸業者の皆様を通じて消費者の皆様にお届けしています。
海外室では、アジア圏を中心に輸入・輸出の業務を行っています。日本の食品は人気があり、今後も輸出の拡大が期待されています。

icon-cal.png休市カレンダー