鮮魚本部 Fresh Fish

鮮魚本部は、大衆魚部(大衆魚課)、近海1部(高級魚課、特種課)、近海2部(活魚課、淡水魚課)の3部5課で構成されており、全国各地で水揚げされた新鮮で安全・安心な大衆魚、近海高級魚、活魚、貝類の集荷・販売を行っています。天然魚を中心に養殖魚、輸入高級魚も取り扱っており、セリ売り・相対売りを行う「魚好きには魅力のある」最も魚屋らしい活気あふれる部門です。

大衆魚部

大衆魚部は、主にアジ、イワシ、サバ、イカ、天然ブリ、カツオ、サンマなどの量販店向けの魚種を中心に取り扱っています。日本全国の出荷者の皆様から、毎日その日に水揚げされた新鮮な魚介類を、翌日名古屋市場でセリ売り・相対売りしています。養殖ブリ、養殖サーモン、養殖マダイなどの養殖魚も、水揚げされた翌日に相対売りしています。季節によって値段も売れる魚種も異なるため、全国の各漁港と毎日情報交換しながら取引を進める大変やりがいのある部署です。

近海1部

近海1部は、活ズワイガニや天然ブリなどを取り扱う高級魚課と、輸入養殖サーモン類や桜エビ、ヤリイカなどを取り扱う特種課の2つの課で構成される部署です。
新鮮かつ安全で、多種多様な魚介類の安定供給を目指し、日本近海物及び、世界各国で水揚げされるあらゆる天然物、養殖物をセリ売り・相対売りしています。
鮮魚介類は、そのままでの販売は勿論ですが、お客様のニーズに応えるべく、フィレー、ムキ身、ロインなどの一次加工品及び、それら全般の冷凍品も一部取り扱っています。

近海2部

近海2部は、活魚課、淡水魚課の2つの課で構成されています。活魚課では、各産地より水揚げされた天然魚、養殖魚(鯛、ヒラメ、カンパチ、伊勢海老、あわび、トラフグ等)の高級魚を活魚で集荷し、生き〆などして一番鮮度の良い状態で、セリ売り・相対売りしています。
淡水魚課では、季節によって取り扱い魚種が異なることが多く、牡蠣、うなぎ、あゆ、貝類等を中心に、全国より多種多様な魚種、商材の集荷・販売を行っています。明るくて活気があふれる、やりがいのある部署です。

icon-cal.png休市カレンダー